なんとなくつぶやきをきいてほしくて。


by kaname0324h

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 
 福島原発事故以来、原発は国策ではなくなったのだろうか。我々一般国民は、事故の収束の

 見えない今、原発は国策ではないと認識している。それなのに、国は手放しで九電の原発再開

 を認めた。原子力安全・保安院の「おおむね妥当」の評価だ。今以て原発10キロ圏内の多く

 の人たちが故郷へ戻れない、多分これから何十年先まで、いやもう二度と戻れないかもしれ

 ないというのに、その保証も見通しも全くないというのに、交付金の申請受付をしたり、着工

 や再稼働にも交付金の受付を窺わせている。

  我々の知らぬ間に なし崩しに、「電力が足りない」を名文句に再稼働にむかっているようだ

 誰がどこで監視すればいいのだろう、メディアもそのことには触れたくないように思える。
[PR]
by kaname0324h | 2011-11-04 19:30

九電の原発再会

 
 「やらせの張本人は、九電ではなかったのか」、原子力安全・保安院から「おおむね妥当」

 という評価をしたという。安全・保安院は東電の事故をなんと考えているのだ、若し、原発の

 事故が発生したらなんと説明するつもりか、いや、説明では済まない。何兆円という補償や

 損害額を「おおむね」という言葉の中にあることをわかっているのか。

  しかも九電は「やらせ」の張本人であることを百も承知、知事もあいまいな態度、又もや

 安全。保安院は重大な禍根を残した。

  九電の会長、社長、そして知事の去就はどうなったのだ、そのことについては、安全・保安院

 ほうかぶり でいるつもりか。

  国会議員も今日の質疑でも全く触れていない、
[PR]
by kaname0324h | 2011-11-02 19:40