なんとなくつぶやきをきいてほしくて。


by kaname0324h

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

支持率益々低下


 今朝の新聞「原発事故の収束」一体何を以て「収束」と言えるんだ。

  原発周辺の人たちが、一人残らず元の家に戻れ、そして安心して平和な生活が出来るよう

 になって始めて言えることだ、廃炉に40年以上、放射能の完全な除染には、どれだけの

 年月がかかるか、未知数だ。40年後の福島原発なんて本当に廃炉になっているかどうかも、

 今から解るはずがない。

  原発推進を唱えている輩は、今こそメディアの前に出てきて、「かね」で原発推進を唱えて

 いました、と言うべきだ。推進派の大学の教授連中、国会議員、「かね」ほしさに、誘致を

 唱えている、市町村や議員連中、そして何よりも、国策と言う言葉に惑わされたメディア。   
  「冷温停止」で支持率の下降を止めようとする、浅はかな考えは止めるべきだ。これで

 国民を騙そうなんて、さもしいことは止めることだ。

 
[PR]
by kaname0324h | 2011-12-17 20:11

東電の恥知らず


 12月1日の朝日、「政治費7・5億円『脱原発』阻止図る」の記事。事故以前ならいざ知らず

 事故後、原発存続を図るために、労組までが、国民の脱原発の願いを裏切っている。

  裏側から見れば、「かね」で動く議員が居ると言うことだ。国会議員の中には、日本の

 国がどの方向に進もうと全く関係ないと思っている議員が居ると言うことだ。

  「かね」にたかる議員は、与野党に関係なく居るものだ。

 東電は、日本国民に対して、事故を起こしたことを本当に悪かったと思っているのだろうか。

 国も再稼働を模索している。国民も、メディアも電力会社に翻弄されている。

 何も知らされない国民が子々孫々に至るまで、何百年もこの東電の犯した罪を背負わ 

 なければならないというのに。

 

 
[PR]
by kaname0324h | 2011-12-04 21:07

l利権からむ人種


 福島原発事故以後、収束の見通しもつかない今、政府は原発を輸出しようとしている。

  何と恥知らずなことだろう、安全な原発などあるはずがないことを、全世界の人々は

 知ったはずだ。それなのに、原発を輸出しようとしている。

  利権に目をくらまされた人種がいるからだ。

 「利権」とは、「政治家役人などが間に入り大きな利益をともなう、売買譲渡などの権利」

 将にその通り、利権国会議員を筆頭に、地方の利権議員、利権市町村長、利権業者、利権学者

 特に原発を推進しようとしている国会議員は、国がどんなになろうと、二度と故郷に帰れない

 人が何人いようと、そんなことはどうでもいい、安全であろうが無かろうが、どうでもいい、

 (かね)さえ儲かればいいと思っている議員だ、そして又、冷静な判断すべきメディアもそれに

 追従しているように思う。
 
[PR]
by kaname0324h | 2011-12-02 19:15